脱毛の基礎知識

敏感肌の女性にもオススメな脱毛方法がある?

薄着になることが多くなる季節が始まると、わきや手足などのムダ毛が気になるものだと思います。


近年では安価な価格で施術を受けることができるサロンが増えていて、サロンに通うことでケアをしている人も多いです。



サロンで脱毛施術を受けることで、ツルツルの綺麗な肌になりたいという希望を持っていながら、敏感肌だから諦めている人もいるでしょう。敏感肌の方の場合には光アレルギーを持っていることも考えられるために、強い光が当たってしまうと発疹が生じてしまう可能性があります。


そのためにサロンで施術を受けることを検討しているときには、事前にカウンセリングやパッチテストなどを受けて、自分の肌で問題なく施術を受けられるのか確認しておくことが重要です。


多くのサロンで採用されている方法は、フラッシュ脱毛と呼ばれる方法で、毛の断面の黒色に反応する光を照射して、毛根を熱処理で破壊します。この施術では肌の表面に60度から80度の熱を与えることになりますので、敏感肌であれば乾燥しすぎてしまう問題があります。


そのような理由によって、一般的なサロンで施術を受けることができないときにおすすめのサロンとして、ハイパースキン法を採用しているディオーネがあります。


ハイパースキン法では、ムダ毛が成長しきる前のバルジという毛の種の状態の段階に影響を与える光を当てることで、ムダ毛の成長そのものを止める効果を得ることができます。生えてくるはずの毛が生えてこなくなることで、ムダ毛処理を達成できます。


照射する光は通常のサロンと比較するとかなりの低温となっており、38度ほどの暖かい光となりますので、肌トラブルが生じにくいメリットがあります。


ハイパースキン法で使用されている光には、フォトエステで使われるタイプの光が30%含まれているために、肌に照射することでコラーゲンの生成を促す効果も得られることで、脱毛施術を受けながら肌を綺麗にすることが可能となっています。