脱毛の基礎知識

脱毛契約のクーリングオフと解約・返金について

脱毛サロンにはスタッフやサービスによって相性があるため、途中解約したいと考えるケースもあります。脱毛サロンには特定継続的役務提供が適用されるので、契約した次の日から数えて8日以内であればクーリングオフができます。



クーリングオフを申し出る時は、はがきや書類を送ります。クーリングオフは消費者を契約トラブルから救済する制度なので、脱毛サロンに気を遣う必要はなく一方的に契約解除を言い渡すことができます。


反対に脱毛サロンに行って解約を相談するなど、曖昧な姿勢を取ると本当に解約したいのかはっきり伝わらないので、なかなか契約を解除できなくなり、クーリングオフ適用期間が過ぎてしまいます。送ったはがきや書類はコピーしたものを自分で保管しておきます。


書類が届いていないと言われるトラブルに備えて、通知日の日付は記入し特定記録郵便や簡易書留で郵送します。普通郵便では万が一の時に立場が弱くなります。自分で書類を作ることもできますが、慣れていない作業には時間がかかります。


できるだけ早く通知した方が気持ちが晴れるため、それぞれの都道府県に設置されている消費者センターの相談窓口で作ってもらうと良いです。8日以上経過した場合はクーリングオフはできませんが、施術を受けていない時などは8日という期限が適用されません。


クーリングオフができない場合は、脱毛サロンで話し合って解約の手続きを行います。手数料や方法が異なるので、まず店舗に電話して解約の旨を伝えて後日出向きます。手続きには印鑑や通帳、身分証明書が必要です。通帳を持っていくのは、施術をしなかった分のお金を返金したもらうためです。


脱毛サロンの中には解約した人はお客ではないからと扱いが雑になって、返金までに2ヶ月以上かかることがあります。返金することは義務なのでお金の心配はありませんが、気持ちが落ち着かないので返金日は解約する時にしっかり聞いておくのが良いです。