脱毛の基礎知識

脱毛前の注意点と脱毛後のアフターケアについて

脱毛処理を自分で行うことが苦手なときには、脱毛サロンを施術を受けることを選択できます。最近では全国展開を行っているチェーン店も多くなってきており、脱毛施術をサロンで気軽に受けることができるようになっています。


脱毛前の注意点



施術を受ける前には、肌の状態について十分に注意しておく必要があります。肌が十分に保湿されていれば、やけどを始めとした様々な肌トラブルを避けることができます。


脱毛サロンで採用されている施術の方法は、光脱毛やレーザー脱毛の種類が多くなってきますので、これらの方法は黒色に反応する光などを照射して、毛根の細胞組織から破壊することでムダ毛処理をするものとなります。


そのために日焼けをしているときには、光やレーザーが黒色に反応してしまうことで、施術が受けられない可能性があります。日焼けをしないように事前から注意しておくか、すでに日焼けをしている人の場合には、光脱毛やレーザー脱毛以外の施術方法を採用している脱毛サロンを探す必要があります。


施術を受ける当日に日焼けクリームを使用することもNGで、日傘をこまめに使うなどをして肌が焼けないように気を遣っておくことがおすすめです。


また、脱毛の施術を受ける前にはシェーバーなどで毛を剃っておく必要がありますが、できれば2日前までに処理をしておくことが理想的です。前日の処理すると肌を傷つけてしまった場合に、肌が荒れてしまって脱毛施術が受けられない可能性もあるために注意しておいたほうが良いです。


基本的には事前のムダ毛処理に関しては、電気シェーバーを使用することが翌、毛が残っている状態だと脱毛施術が受けられないことも考えられます。サロンによっては指定されている電気シェーバーがあったり、それを購入する流れとなることから予定していたよりも費用がかかることもあります。


どのような事前の処理をするべきなのかについてや、施術費用以外に料金がかかるのかについてカウンセリングでしっかりと質問をしておくようにしましょう。


脱毛後のアフターケア


脱毛サロンで脱毛を終えたあとは、アフターケアと注意事項を守ることが大切です。アフターケアを怠ったり注意事項を守らなかったりすると、肌に跡が残ったり赤みなどの症状が出てきたりします。


せっかく脱毛サロンで脱毛した綺麗な肌を保つためにも、アフターケアはしっかりとして、注意事項も必ず守るようにしましょう。


アフターケアについては、必要な場合は脱毛サロンで指示が出ます。その指示に従って丁寧におこなえば、基本的には問題ありません。脱毛した部位は水分が不足しているので、化粧水などを使いながら保湿しておきましょう。注意事項に関しても、脱毛サロンで説明をしてくれます。


基本的な注意事項としては、入浴と激しい運動、アルコールの摂取の禁止です。入浴したり激しい運動をしたりお酒を飲んだりすると、体温が上昇し体からは大量の汗が噴き出てきます。汗が噴き出ると言うことは、閉じていた毛穴が開くと言うことです。


脱毛後の弱った肌の毛穴が開いてしまうと、そこから細菌が侵入しても守ることはできません。肌が炎症を起こしてしまい、湿疹などを発症する可能性も高まります。


ですから、脱毛サロンで脱毛した当日は、入浴や激しい運動、飲酒をしてはいけません。汗をかいてしまったときも、肌を刺激しないようにタオルでゴシゴシと拭くのではなく、軽く押し当てて拭き取りましょう。どうしてもお風呂に入りたい場合は、シャワーだけにしてください。


直射日光に当たることも、脱毛後の肌にとって良いことではありません。直射日光は刺激が強すぎるので、炎症や色素沈着の原因になります。


冬の脱毛なら問題ありませんが、薄着で外に出掛ける夏場は気を付けておきましょう。脱毛サロンの帰りも直射日光に当たる可能性があるので、羽織るものを一枚持っておくと安心です。脱毛サロンで綺麗になった肌は、アフターケアや心掛け次第でトラブルがなくなります。無駄にしないためにも、脱毛サロンの脱毛後も注意して生活しましょう。