脱毛の基礎知識

体毛の生え方とホルモンバランスの関係について

ホルモンに興味を持っている女性が増えていると言えますが、女性ホルモンを高めることによって美肌になるなどの効果が現れると考えられています。


女性の場合であれば体毛について気になっている人も多いと思いますが、ホルモンバランスが良いか悪いかによって、体毛の生え方や濃さが変わってくると言われています。



男性の中で増えている傾向のあるものとして、男性ホルモンが原因となって引き起こされるAGAという脱毛症があります。男性ホルモンと還元酵素が結合することで、薄毛が進行する原因となるDHTというホルモンが生成されてしまうことによって、脱毛が進行します。


女性には男性と比較したときには、男性の10分の1ほどの男性ホルモンを持っていると言われており、男性ホルモンが多くなることでムダ毛が増えてしまう原因になると考えられています。女性ホルモンの働きが活性化されている状態であれば、逆にムダ毛の発生や育成が抑えられます。


女性でムダ毛が目立つ体質の人の場合には、男性ホルモンが過剰に分泌されているか、何かの原因によって女性ホルモンの分泌が低下していることが考えられます。女性ホルモンの分泌よりも男性ホルモンの分泌の割合が優位になることによって、体毛が濃くなります。


ホルモンバランスが崩れる原因となるのは、ダイエットをすることによる栄養素が不足していることや、ストレス過多になっていること、睡眠不足などの生活習慣の乱れから来るものが多いと言われています。女性にとって男性のように太い毛が生えてきているときには、ホルモンバランスが崩れていると判断できます。


脱毛の施術を受けることが可能なサロンやクリニックは、数多く登場していますが、ホルモンバランスが崩れている状態であれば、施術を受けたときであっても効果が薄れることが多くなります。


ホルモンバランスが不安定な状態になると、毛の成長が不安定になることで、濃くなったり薄くなったりの差が生じてしまうことで、サロンなどで行われている脱毛施術は、毛周期を計算して施術を行うようにしていますので高い効果が得られない原因となります。