脱毛の基礎知識

ブラジリアンワックスのメリット・デメリットについて


ブラジリアンワックスのメリットはなんといっても、すぐに脱毛効果を実感できることです。そして自己処理が原因で黒ずみがひどくなっている場合なども、ワックス脱毛を何度か行うことですっきり解消できます。さらに角質もムダ毛と一緒に除去されます。


ブラジリアンワックスの隠れたメリットとして注目したいのは、生理日の不快感がみごとに払しょくできることです。ただでさえ生理の不快感があるのに、臭いやムレなどで何日間がストレスの固まりになってしまいます。ですが、ブラジリアンワックスを行うことでこれらが全て解消できます。


それに脱毛が行き届いていると、なんとなく自分に自信が持てるようになります。下着のおしゃれにも興味がわいてくるでしょう。異性に対しても積極的になれるかもしれません。


そしてブラジリアンワックスは粘膜の脱毛も可能です。従来のレーザーや光脱毛では不可能でしたから、鼻毛など脱毛の幅が広がります。


ブラジリアンワックスのデメリット


ブラジリアンワックスは脱毛機器などを使わず、水あめ状のワックスを塗ってペーパーや不織布などで一気にはがす脱毛です。


ということは、痛いのです。ブラジリアンワックスのデメリットであり、大きな特徴でもあるのが、その痛さです。しかし痛さには個人差があるのでデメリットに入らないかもしれません。


皮膚に塗ったワックスを、一気に毛根ごとはがし取るというやり方のブラジリアンワックスは、皮膚の弱い日本人にはあまり向いているとは言えません。特に外国製の油性ワックスは強力ですから、日本人の肌を傷つけてしまう恐れがあります。


肌のダメージを考えるなら、日本人の肌に優しい水性ワックスを使用することをお勧めします。


さらに、毛根から強引に毛を引き抜くことで、毛穴が広がって雑菌が侵入することも考えられます。ですから脱毛後の適切なケアがとても重要となります。


また、ブラジリアンワックスはその時生えている毛の脱毛をするだけですから、また生えてきます。5㎜程度生えてきたらまた脱毛をしなければなりません。


全身をブラジリアンワックスで処理したいとなると、大変な時間と労力が必要となります。また、部位によっては皮膚を傷つけてしまいます。ブラジリアンワックスに最も向いた箇所はデリケートゾーン、脚、腕、脇などです。


ブラジリアンワックスは痛い?


脱毛機器を使わないので、手軽で安く脱毛できると人気のブラジリアンワックスですが、施術時の痛さは誰もが認めるところです。


想像してみてください。ガムテープを肌に貼りつけてベリッと一気に剥がすようなものです。場所によって感じる痛さは倍にも10倍にもなります。悲鳴がでそうです。


しかしこの原始的な脱毛方法が今、人気となっています。それは今までのレーザー脱毛や光脱毛ではできなかったVIOの脱毛ができるからです。VIOの肌はとても敏感ですから、痛みも尋常ではないと想像できます。しかも大量に抜くのですから痛いです。


けれど、痛みは1瞬です。そして脱毛後のすがすがしさが痛みを忘れさせてくれるのだそうです。デリケートゾーン脱毛のメリットが、とても痛いというデメリットを超えているということです。